Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

Windows10マシンに新たにローカルユーザーアカウントを作成したいとき、作成方法としては、次の3通りの方法があります。

  • 設定アプリの「アカウント」から
  • 管理ツールの「コンピューターの管理」から
  • コマンドから

そこで、ここでは設定アプリの「アカウント」からローカルユーザーアカウントを作成する方法を紹介します。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(コンピューターの管理編)
Windows10マシンに新たにローカルユーザーアカウントを作成したいとき、作成方法としては、次の3通りの方法があります。 設定...
Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(コマンド編)
Windows10マシンに新たにローカルユーザーアカウントを作成したいとき、作成方法としては、次の3通りの方法があります。 設定...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

設定アプリの「アカウント」から作成する

設定アプリの「アカウント」から作成するには、管理者アカウントでWindows10にサインインしてから、Windowsの設定アプリを開き、一覧から「アカウント」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

「アカウント」画面が開いたら、左側のメニューから「家族とその他のユーザー」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

「家族とその他のユーザー」画面が開いたら「他のユーザー」にある「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

以下のように、別ウィンドウが開くので「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

「アカウントの作成」画面が表示されるので「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

「このPC用のアカウントの作成」画面が表示されるので「ユーザー名」「パスワード」「セキュリティの質問」をそれぞれ設定して「次へ」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

これで、ユーザーが作成されました。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

なお、デフォルトでは標準ユーザーとして作成されるので、管理者ユーザーにしたい場合は、作成されたアカウントをクリックして「アカウントの種類の変更」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

すると「アカウントの種類の変更」画面が表示されるので「アカウントの種類」から「管理者」を選択して「OK」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

これで、作成したユーザーが管理者になります。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)

以上で作成完了です。

あとがき

設定アプリからユーザーを作成した場合、パスワードの有効期限は「無期限」となります。

パスワードに有効期限を設けたい場合や、初回サインイン時にパスワードを変更したい場合などは「コンピューターの管理」やコマンドからの作成が良いでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る