パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

Windows10でユーザーアカウントのパスワードを忘れてサインインできなくなった場合の対処方法としては、セキュリティの質問を使ってパスワードをリセットする、パスワードリセットディスクを使ってパスワードをリセットするなどの方法がありますが、どちらも使えないときでも、まだあきらめる必要はありません。

ここで紹介するツール「chntpw」を利用すれば、Windows10の特定アカウントのパスワードをリセットすることができます。

そこで、ここではchntpwを使って、Windows10のユーザーアカウントのパスワードをリセットする方法を紹介します。

なお、セキュリティの質問を設定している場合のリセット方法については、以下の記事で紹介しています。

Windows10でユーザーアカウントのパスワードをリセット(再設定)する方法
Windows環境でローカルユーザーアカウントのパスワードを忘れてサインインできなくなってしまった場合、パスワードをリセットする方法があ...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909
SystemRescueCd 6.1.1

作業の流れ

ユーザーアカウントのパスワードをリセットする流れとしては、Windows10マシンをchntpwツールを含むシステム復旧ツール「SystemRescueCd」から起動し、パスワードが保存されているファイルを編集して、パスワードをリセットするという流れとなります。

ここからは、作業用のWindows10PCで作業を行います。

Memo

「SystemRescueCd」は、データの復旧、ディスク・パーティションの管理、システムメモリのテストといったシステムレスキュー用途に特化したLinuxベースのツールです。

Memo

Windowsのローカルアカウントのパスワードは「C:\Windows\System32\config\SAM」ファイルに記録されており、パスワードをリセットするには、このファイルを編集することで、ユーザーアカウントのパスワードをリセットします。

起動ディスクの作成

まずは、以下の公式サイトのダウンロードページから、ISOイメージファイルをダウンロードします。

SystemRescueCd - Download

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

イメージファイルをダウンロードしたら、CDやDVDにイメージを書き込み、起動ディスクを作成します。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

光学ドライブを搭載していないマシンの場合は、ISOイメージファイルから起動可能なUSBメモリを作成しましょう。(手順はググってみてください)

SystemRescueCdからマシンを起動

パスワードをリセットしたいWindows10マシンを、上で作成した起動ディスクから起動します。

マシンをCDやDVDから起動するには、マシン起動時にUEFI(BIOS)設定画面を開いて、起動デバイスを選択したり、起動順を変更するなどします。(詳細は、マシンのマニュアルなどを参照ください)

マシンを起動すると、以下のような画面が表示されるので、そのままEnterキーを押します。(「Boot SystemRescueCd using default options」が選択されている状態)

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

SystemRescueCdが起動したら、次のような画面が表示されます。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

パスワードのリセット

まず、以下のコマンドを入力しEnterを押して、キーボードレイアウトを変更します。

# setkmap

以下のような選択画面が表示されるので、矢印キーで「jp106」を選択した状態でEnterキーを押します。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

次に、以下のコマンドを入力してEnterキーを押し、Windowsがインストールされているディスクのパーティションを特定します。

# sfdisk -l

以下の画面では「/dev/sda4」にWindowsがインストールされていることが確認できます。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

次に、以下のコマンドを入力してEnterキーを押し、Windowsがインストールされているパーティションをマウントするためのディレクトリを作成します。

# mkdir /mnt/Microsoft

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

次に、以下のコマンドを入力してEnterキーを押し、Windowsがインストールされているパーティションをマウントします。

# mount /dev/sda4 /mnt/Microsoft/

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」
次に、以下のコマンドを入力してEnterキーを押し、configフォルダーへ移動します。

# cd /mnt/Microsoft/Windows/System32/config/

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」
次に、以下のコマンドを入力してEnterキーを押し、現在のSAMデータベースの内容(ユーザー名の一覧)を表示します。

# chntpw -l SAM

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」
次に、以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

# chntpw -i SAM

すると、何を行うかの選択画面が表示されるので「1」と入力しEnterキーを押します。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

次に、パスワードをリセットしたいユーザーのRIDを指定します。

ここでは、user02のパスワードをリセットするので、RIDとして「3eb」と入力しEnterキーを押します。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

指定したユーザーの情報が表示され、何を行うかの選択画面が表示されるので「1」と入力してEnterキーを押します。

「1」はパスワードをクリア(パスワードなし)する選択肢です。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

画面中ほどに「Password Cleared !」と表示されていれば、OKです。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

作業を終了するときは「Select:」で「q」を入力しEnterキーを押し、次画面の「What to do?」でも「q」を入力しEnterキーを押します。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

「Write hive files?」と、編集した内容を書き込むか確認されるので「y」と入力してEnterキーを押します。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

画面に「<SAM> - OK」と表示されていればパスワードのリセット完了です。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

最後に「shutdown now」と入力してEnterキーを押し、マシンをシャットダウンします。

パスワードを忘れてWindows10にサインインできなくなった時の復旧ツール「chntpw」

以上で、作業完了です。

結果確認

Windows10を起動し、パスワードをリセットしたユーザーアカウントでサインインするときに、パスワードなしでサインインできていればOKです。

なお、サインインしたらすぐに新しいパスワードを設定しておくのを忘れずに。

あとがき

コマンドラインでの操作になるので、とっつきにくさはありますが、サインインできなくなったWindows環境のパスワードリセットツールとして、大いに役立ってくれます。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る