Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

日ごろさまざまな調べ物でお世話になっている方も多いGoogle検索では、キーワードを入力して検索すると、デフォルトであらゆる情報からキーワードにマッチする結果を表示してくれますが、この検索結果からでは、ほしい情報をピンポイントで見つけることは難しいでしょう。

そのようなときは、検索結果をさらに絞り込むことで、ほしい情報が見つけやすくなります。

たとえば、画像に絞りこんだり、特定の期間で絞り込んだりなどです。

そこで、ここではGoogle検索で検索結果を絞り込む方法を紹介します。

動作環境

この記事は、WebブラウザからGoogle検索を行った結果を基にしており、スマートフォンからGoogle検索した場合などとは、画面表示などが異なる場合があります。

カテゴリーで絞り込む

まず、調べたいキーワードでGoogle検索を行い、検索結果ページを表示させます。

検索結果ページのキーワード入力欄の下に注目してください。ここで、検索結果を絞り込むことができます。

デフォルトでは、一番左の「すべて」が選択されており、すべての情報から検索結果が表示されていますが、選択肢にある「ニュース」や「ショッピング」などを選択することで、そのカテゴリーでの結果に絞り込むことができます。

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

選択肢は、次のとおりです。

  • ニュース
  • ショッピング
  • 画像
  • 動画
  • 地図
  • 書籍
  • フライト
  • ファイナンス

期間で絞り込む

検索結果ページから、古い情報などを省きたいときがあります。そのようなときは「1週間以内」や「24時間以内」などの期間指定を行うことで検索結果を絞り込むことができます。

期間を指定するには、検索結果ページのキーワード入力欄の下から「ツール」をクリックします。

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

すると、期間指定が可能な項目が表示されるので、期間を選択するか、任意の期間を指定することで検索結果を絞り込むことができます。

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

言語で絞り込む

デフォルトの検索結果ページには、日本語を含むすべての言語のページが含まれるようですが、日本語のページに絞り込むことができます。

言語を絞り込むには、検索結果ページのキーワード入力欄の下から「ツール」をクリックします。

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

すると、言語の指定が可能な項目が表示されるので、選択肢から「日本語のページを検索する」を選択することで、日本語のページに絞り込むことができます。

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

その他の条件で絞り込む

検索結果ページのキーワード入力欄の下から「設定」をクリックして「検索オプション」をクリックすると、検索キーワードや検索結果の絞り込み条件を設定するページが表示されます。

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

ここでは、先ほどの期間や言語だけでなく、地域・サイトまたはドメイン・検索対象の範囲・セーフサーチ・ファイル形式・ライセンスで検索結果を絞り込むことができます。

Google検索で検索結果を上手に絞り込む方法

あとがき

検索結果から一つ一つのページを開いて確認する前に、ここで紹介した方法で検索結果を絞り込むことで、より効率的に目的のページを見つけ出すことができると思いますよ。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る