Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

2020年1月16日から、新しいChromium版Microsoft Edge(以下、新Microsoft Edge)の提供が開始されており、すでにインストールしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Windows10に新Microsoft Edgeをインストールすると、既存のMicrosoft Edge(以下、旧Microsoft Edge)は新Microsoft Edgeに置き換えられ、利用することができなくなりますが、中には、旧Microsoft Edgeも引き続き利用したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでここでは、グループポリシー設定やレジストリ設定で、新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1909

レジストリで設定する

レジストリ設定で新旧のMicrosft Edgeを共存させる場合の手順は、次のとおりです。

新Microsoft Edgeのアンインストール

すでに、新Microsoft Edgeをインストールして、旧Microsoft Edgeが新Microsoft Edgeに置き換えられてしまっている場合は、まず新Microsoft Edgeをアンインストールしておきます。

アンインストールは、一般的なデスクトップアプリと同じで、スタートメニューのプログラム一覧から「Microsoft Edge」を右クリックして、メニューなどからアンインストールできます。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

レジストリ設定

次に、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate /v Allowsxs /t REG_DWORD /d 1 /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されればレジストリ設定は完了です。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

なお、レジストリ設定後の再起動は不要です。

新Microsoft Edgeをインストール

レジストリ設定が済んだら、改めて新Microsoft Edgeをインストールすると、新旧のMicrosoft Edgeが利用できるようになります。

Windows10に新しいMicrosoft Edge(Chromium版)をインストールする方法
ここでは、公式ページからインストーラーをダウンロードして、Windows10に新しいMicrosoft Edge(Chromium版)をインストールする手順を紹介します。

置き換えたいときは

設定をデフォルトに戻す(旧Microsoft Edgeを新Microsoft Edgeに置き換える)場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg delete HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate /v Allowsxs /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されていることを確認したら、新Microsoft Edgeのインストーラーを再度実行します。

以上で、旧Microsoft Edgeが新Microsoft Edgeで置き換えられます。

グループポリシーで設定する

グループポリシーで新旧のMicrosft Edgeを共存させる場合の手順は、以下のWebページで紹介されています。

Access the old version of Microsoft Edge | Microsoft Docs

ページで紹介されている手順は、次のとおりです。

まず、以下の「Microsoft Edge Insider」のページから、Microsoft Edge用のグルプポリシー管理テンプレートをダウンロードします。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

Microsoft Edge はビジネス用のブラウザーです

次に、ダウンロードしたファイルを展開して、以下の2つのテンプレートファイルを所定のフォルダーへコピーしてから、グループポリシーエディタを開きます。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

MicrosoftEdgePolicyTemplateswindowsadmxmsedgeupdate.admx

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

MicrosoftEdgePolicyTemplateswindowsadmxja-JPmsedgeupdate.adml

ローカルグループポリシーの場合は、それぞれのファイルを所定のフォルダーにコピーして、グループポリシーエディターを起動します。

ファイルコピー先フォルダー
msedgeupdate.admx%windir%PolicyDefinitions
msedgeupdate.adml%windir%PolicyDefinitionsja-JP

ActiveDirectoryドメイン環境の場合は、ドメインコントローラー上で、それぞれのファイルを所定のフォルダーにコピーして、グループポリシーエディターを起動します。

ファイルコピー先フォルダー
msedgeupdate.admx%windir%SysvoldomainPoliciesPolicyDefinitions
msedgeupdate.adml%windir%SysvoldomainPoliciesPolicyDefinitionsja-JP

グルプポリシーエディターを起動したら、左ペンから「コンピューターの構成」>「管理テンプレート」>「Microsoft Edge の更新」>「アプリケーション」を順に開き、右ペインの「Microsoft Edgeでのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する」という項目をダブルクリックします。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

設定画面が開いたら「有効」を選択して「OK」をクリックします。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

以上で、設定完了です。

ポリシーを適用するには、ポリシーを適用したいマシンを再起動するか、gpupdateコマンドを実行します。

なお、すでに新Microsoft Edgeがインストールされて置き換えられてしまった環境でも、ここで紹介しているポリシーを適用した上で、新Microsoft Edgeのインストーラーを再度実行すれば、新旧のMicroosft Edgeが利用できるようになります。

新旧のMicrosoft Edgeを共存させたマシンでの表示

新旧のMicrosoft Edgeを共存させたマシンでは、タスクバーのアイコンは新Microsoft Edgeに置き換えられます。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

ですが、スタートメニューのプログラム一覧には、以下のように新Microsoft Edgeとともに、旧Microosft Edgeが「Microsoft Edge レガシ」として表示され、新旧のMicrosoft Edgeを利用することができます。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

デスクトップにも、新旧のMicroosft Edgeアイコンが表示されます。

Windows10で新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

あとがき

手順の手間を考えると、レジストリでの設定の方がやりやすいでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。