Windows10:Microsoft Edgeの便利機能(Webページに書き込みする)

「Microsoft Edge」には「ノートモード」という便利機能があります。これは、任意のWebページにペンで書き込んだり、注釈を挿入して、Webページを保存することができる機能です。

ここでは、Webページへの書き込み・保存方法を紹介します。

手順

ノートモードへ移行

任意のWebサイトを表示している状態で「ノートの追加」をクリックします。

Webページに書き込む

ノートモードに移行するので、ボールペンや蛍光ペンで書き込み、注釈を挿入しクリップ(トリミング)します。

保存する

ノートモードでの書き込みが完了したら、保存ボタンをクリックします。保存先は「OneNote」「お気に入り」「リーディングリスト」から選択できます。
ここでは、例として「リーディングリスト」に保存しています。

保存した「ノート」を開く

リーディングリストに保存した「ノート」は、Microsoft Edgeで「ハブ」→「リーディングリスト」から開くことができます。

注意点:

Windows10バージョン1709で確認したところ、Webノートを「OneNote」に保存するときにサイトをクリップ(トリミング)せずにそのまま保存すると、Webページと書き込みがずれてしまいます。ページ全体を保存する場合でも、サイトをクリップ(トリミング)しておいたほうが良いと思われます。

まとめ

気になるページを保存しておけば、あとで読み返したり、参考資料として活用しやすくなります。

スポンサーリンク