Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

2020年1月15日のWindowsUpdateから、新しいChromium版Microsoft Edge(以下、新Microsoft Edge)の配信開始が予定されています。

これにより、基本的には既存のMicrosoft Edge(以下、旧Microsoft Edge)が新Microsoft Edgeに置き換えられてしまいますが、ここで紹介する設定を行うことで、新旧のMicrosoft Edgeを共存させることができます。

そこで、ここではグループポリシーで、新旧のMicrosoft Edgeを共存させるための設定方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

新旧のMicrosoft Edgeを共存させる方法

具体的な手順は、以下のWebページで紹介されています。

Access the old version of Microsoft Edge | Microsoft Docs

ページで紹介されている手順は、次のとおりです。

まず、以下の「Microsoft Edge Insider」のページから、Microsoft Edge用のグルプポリシー管理テンプレートをダウンロードします。

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

Microsoft Edge はビジネス用のブラウザーです

次に、ダウンロードしたファイルを展開して、以下の2つのテンプレートファイルを所定のフォルダーへコピーしてから、グループポリシーエディタを開きます。

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

MicrosoftEdgePolicyTemplateswindowsadmxmsedgeupdate.admx

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

MicrosoftEdgePolicyTemplateswindowsadmxja-JPmsedgeupdate.adml

ローカルグループポリシーの場合は、それぞれのファイルを所定のフォルダーにコピーして、グループポリシーエディターを起動します。

ファイル コピー先フォルダー
msedgeupdate.admx %windir%PolicyDefinitions
msedgeupdate.adml %windir%PolicyDefinitionsja-JP

ActiveDirectoryドメイン環境の場合は、ドメインコントローラー上で、それぞれのファイルを所定のフォルダーにコピーして、グループポリシーエディターを起動します。

ファイル コピー先フォルダー
msedgeupdate.admx %windir%SysvoldomainPoliciesPolicyDefinitions
msedgeupdate.adml %windir%SysvoldomainPoliciesPolicyDefinitionsja-JP

グルプポリシーエディターを起動したら、左ペンから「コンピューターの構成」>「管理テンプレート」>「Microsoft Edge の更新」>「アプリケーション」を順に開き、右ペインの「Microsoft Edgeでのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する」という項目をダブルクリックします。

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

設定画面が開いたら「有効」を選択して「OK」をクリックします。

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

以上で、設定完了です。

ポリシーを適用するには、ポリシーを適用したいマシンを再起動するか、gpupdateコマンドを実行します。

新旧のMicrosoft Edgeを共存させたマシンでの表示

上記ポリシーを適用したマシンで新Microsoft Edgeをインストールすると、タスクバーのアイコンは新Microsoft Edgeに置き換えられます。

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

ですが、スタートメニューのプログラム一覧には、以下のように新Microsoft Edgeとともに、旧Microosft Edgeが「Microsoft Edge レガシ」として表示され、新旧のMicrosoft Edgeを利用することができます。

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

デスクトップのアイコンも、新旧のMicroosft Edgeアイコンが表示されます。

Windows10で新しいChromium版Edgeと旧Microsoft Edgeを共存させる方法

あとがき

なお、すでに新Microsoft Edgeがインストールされて置き換えられてしまった環境でも、ここで紹介しているポリシーを適用した上で、新Microsoft Edgeのインストーラーを再度実行すれば、新旧のMicroosft Edgeが利用できるようになります。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る