Windows10の個人用フォルダーでよくあるトラブルと対処方法

Windows10では、個人データを格納するための「個人用フォルダー」がユーザーごとに用意されています。

これらの個人用フォルダーは、アイコンを見ると分かるように、通常のフォルダーとは異なる特殊なフォルダーのため、トラブル時には、通常のフォルダーとは異なる対応が必要となります。

そこで、ここでは個人用フォルダーでよくあるトラブルと、その対処方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

トラブル その1

★ 個人用フォルダーを削除してしまった。

★ 個人用フォルダー名が英語表記になってしまった。

上のようなトラブルに見舞われたときに、個人用フォルダーをデフォルトの状態に戻すには、次の手順が有効です。

対処方法

管理者権限で「コマンドプロンプト」を起動し、以下のコマンド実行します。

> regsvr32 /i:U shell32.dll

コマンド実行後「shell32.dllのDllRegisterServer and DllInstallは成功しました。」と表示されることを確認したら「OK」をクリックし、コマンドプロンプトを閉じます。

最後に、Windowsにサインインし直せば完了です。

Memo

なお、コマンドの実行により、個人用フォルダーに保存しているファイルが勝手に削除されることはありません。

トラブル その2

★ 個人用フォルダーが行方不明になってしまった。

個人用フォルダーがどこに行ったか分からなくなり、上の「トラブルその1」の対処法を実行しても個人用フォルダーがデフォルトの場所(C:\ユーザー\<ユーザー名>)に復元されない場合、その個人用フォルダーが別の場所に存在している可能性があります。

このような場合は、次の手順で個人用フォルダーの現在の場所を確認するのが有効です。

対処方法

個人用フォルダーの現在の場所を確認するには、スタートボタンを右クリックするなどでして「ファイル名を指定して実行」を起動して、個人用フォルダーに応じたコマンドを実行します。

個人用フォルダーごとのコマンドは、次のとおりです。

コマンド 個人用フォルダー
shell:3D Objects 3Dオブジェクト
shell:Contacts アドレス帳
shell:Favorites お気に入り
shell:Downloads ダウンロード
shell:Desktop デスクトップ
shell:Personal ドキュメント
shell:My Pictures ピクチャ
shell:My Video ビデオ
shell:My Music ミュージック
shell:Links リンク
shell:Searches 検索
shell:SavedGames 保存したゲーム

コマンドを実行すると、該当の個人用フォルダーの現在の場所が開くので、右クリックメニューからプロパティ画面を開いて「場所」タブを表示すれば、現在の場所を確認できます。

また「場所」タブでは、「標準に戻す」ボタンから個人用フォルダーの場所をデフォルトの場所に戻したり、「移動」ボタンから別の場所に変更することもできます。

あとがき

なお、以下の記事では個人用フォルダーの場所を強制的にデフォルトに戻す方法も紹介していますので、状況によっては参考にしてみてください。

Windows10で個人用フォルダーの場所を変更できなくなったときの復旧方法
Windows10では、個人データを格納するための「個人用フォルダー」がユーザーごとに用意されています。 これらの個人用フォル...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る