Windows10のエクスプローラーで表示レイアウトを切り替える方法

Windowsのエクスプローラーには、ファイルやフォルダーの表示レイアウトが8種類用意されています。

ファイルやフォルダーの種類に応じて、表示レイアウトを切り替えれば、ファイルの内容を確認したり、ファイルの情報を確認したいときにとても便利です。

そこで、ここではWindows10のエクスプローラーでファイルやフォルダーの表示レイアウトを切り替える方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

表示レイアウト一覧

エクスプローラーで選択できる表示レイアウトは、次のとおりです。

特大アイコン
大アイコン
中アイコン
小アイコン
一覧
詳細
並べて表示
コンテンツ

表示レイアウトの切り替え方法

エクスプローラーで表示レイアウトを切り替えるには、メニューから切り替える方法とショートカットキーから切り替える方法があります。

エクスプローラーのメニューから切り替える

エクスプローラーのメニューから切り替えるには、まずエクスプローラーで表示レイアウトを切り替えたいフォルダーを開き、メニューから「表示」をクリックします。

「表示」メニューにある「レイアウト」で表示レイアウトを切り替えることができます。

ショートカットキーで切り替える

ショートカットキーで切り替えるには、まずエクスプローラーで表示レイアウトを切り替えたいフォルダーを開き、以下のショートカットキーでレイアウトを切り替えることができます。

ショートカットキー 操作
Ctrl + Shift + 1 特大アイコン
Ctrl + Shift + 2 大アイコン
Ctrl + Shift + 3 中アイコン
Ctrl + Shift + 4 小アイコン
Ctrl + Shift + 5 一覧
Ctrl + Shift + 6 詳細
Ctrl + Shift + 7 並べて表示
Ctrl + Shift + 8 コンテンツ

あとがき

個人的には、基本は「詳細」表示にしておき、縮小(サムネイル)表示させたい場合は「大アイコン」に切り替えるといった使い方がおススメです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る