夜にWindows10を利用するなら「夜間モード」でブルーライトを軽減しましょう。

パソコンやスマートフォンなどの液晶画面からは、強いブルーライトが出ており、ブルーライトを長時間浴びていると「視力障害」や「睡眠障害」を引き起こす可能性がある、という話を聞いたことがある人も多いと思います。

こうした流れを受けてか、最近のAndroidデバイスやiPhoneでは、ブルーライトを軽減する機能が搭載されていますが、Windows10にも同様の機能として「夜間モード」が搭載されています。

以外に利用している人が少ないように思いますが、夜にパソコンを利用することが多い方に、是非利用してほしい機能です。

そこで、ここではWindows10で「夜間モード」を利用する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

夜間モード時の画面

はじめに、夜間モードを利用した時の画面をご覧ください。

ディスプレイの設定にもよりますが、夜間モードをオンにすると、画面全体がオレンジ色がかった暖かい色合いになり、実際に、夜間モードを利用してみると、目に優しい感じがします。

夜間モードがオフの時

夜間モードがオンの時(イメージ)

夜間モードの使い方

夜間モードの設定

デスクトップの何もないところを右クリックして、メニューから「ディスプレイ設定」を選択します。

「ディスプレイ」設定画面が開いたら「色」セクションに夜間モードに関する設定箇所があるので「夜間モードの設定」リンクをクリックします。

夜間モードの設定では、夜間モード時のディスプレイの色合いと、夜間モードをスケジュールに従い自動的にオン/オフする設定ができます。

まず「強さ」では、ディスプレイの色合いを設定でき、スライダーを右に移動するほどオレンジが強くなります。ここは、お好みで調節します。

次の「夜間モードのスケジュール」をオンに設定すると、設定したスケジュールに従い自動的に夜間モードをオンにできます。

スケジュールは「日没から朝まで」または「時間の設定」のいずれかを選択します。

「日没から朝まで」は、デバイスで位置情報サービスがオンになっており、アプリが位置情報サービスにアクセスできるよう設定されている場合に選択できます。

「時間の設定」を選択した場合は、夜間モードをオンにする時刻とオフにする時刻をそれぞれ指定します。

夜間モードのオン/オフを手動で切り替える

夜間モードは、上の設定でスケジュールに従いオンにする以外にも、手動でオン/オフでき、その場合は「アクションセンター」から切り替えます。

アクションセンターから切り替えるときは、アクションセンター下部のクイックアクションに表示されている「夜間モード」をクリックします。

クリックすると夜間モードがオンになり、もう一度クリックするとオフになります。

あとがき

実際の効果は人それぞれかと思いますが、夜にパソコンを利用していて目がチカチカしたり、寝る直前までパソコンを使っていて、なかなか寝付けないと感じているなら、試してみる価値はあると思いますよ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る