Google Chromeで痕跡を残さずにWebを閲覧する「シークレットモード」

Google Chrome(以下、Chrome)には、通常の利用モードとは別に「シークレットモード」と呼ばれる機能があります。

この機能は、Chromeに痕跡を残さずにWebを閲覧する機能で、閲覧履歴やWeb上でフォームに入力情報などを残したくないような場合に有効な機能です。

そこで、ここではWindows10マシンで、Google Chromeを「シークレットモード」で利用する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Google Chrome 78.0.3904.97

「シークレットモード」とは

Chromeの「シックレートモード」は、閲覧履歴やWeb上でフォームに入力情報などを残したくない場合に利用する機能です。

シークレットモードは通常モードのウィンドウとは異なり、黒い背景のウィンドウが起動し、これがシークレットモードのウィンドウとなり、このウィンドウ内では、閲覧履歴やWeb上でフォームに入力情報などが保存されなくなります。

なお、シークレットモードでは、ブックマークや予測候補、保存しているパスワードは、通常モードと同じように利用できます。(設定を変更すれば、拡張機能も利用できます。)

ちなみに、シークレットモードと同じような機能に「ゲストモード」がりますが、ゲストモードでは、検索履歴や閲覧履歴が保存されないことに加えて、ブックマークや予測候補、保存しているパスワードなども利用できなくなります。

「シークレットモード」の利用方法

通常モードからシークレットウィンドウを開く

一般的な利用方法は、Chromeを起動して、メニューから「シークレットウィンドウを開く」をクリックするか、ショートカットキー「Ctrl+Shift+N」を押します。

するとシークレットウィンドウが起動します。

常にシークレットモードで起動する

Chromeのショートカットアイコンに起動オプションを追加すれば、常にシークレットモードでChromeを起動することができます。

手順は、次のとおりです。

chromeのショートカットアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

プロパティ画面が開いたら「リンク先」のテキストボックスに表示されている文字列の最後尾に、以下の文字列を追記し「OK」をクリックします。

--incognito

これで、ショートカットからChromeを起動すると、通常モードを経由せずに、シークレットモードでChromeが起動します。

あとがき

留意点としては、Chromeのシークレットモードや、他のブラウザに搭載されている同様の機能は、あくまでブラウザ内に履歴などが保存されない機能であるという点です。

つまり、たとえシークレットモードを利用しても、ブラウザの外(閲覧しているWebサイト側、通信経路上の機器など)では、さまざまな情報が記録されているということは認識しておいたほうが良いでしょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る