Windows版Google Chromeで特定の予測候補を削除する方法

Google Chrome(以下、Chrome)では、オムニボックス(アドレスバー)に検索キーワードを入力すると、自動的に候補が表示される「予測候補」と呼ばれる機能があります。

「予測候補」は、過去に開いたことがあるWebページ(閲覧履歴)や検索履歴、入力したキーワードから、自動的に候補を表示してくれるので、便利な機能ではありますが、ときには見当違いな候補が表示されたり、他人に見られると都合の悪い候補が表示されることがあります。

そこで、ここでは予測候補として表示された候補から、不要な候補を削除する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Google Chrome 78.0.3904.97

「予測候補」を削除する方法

特定の予測候補を削除する方法には、キー操作で削除する方法と、マウス操作で削除する方法があります。

Memo

予測候補として表示される候補のうち、削除可能な予測候補は、閲覧履歴や検索履歴をもとに表示される候補だけのようです。

キー操作で削除する

特定の予測候補を削除するには、まず該当する検索キーワードを入力して、予測候補を表示させます。

次に、カーソルキーの「↑」か「↓」を押して、削除したい項目を選択して「Shift」+「Delete」キーを押します。

以上で、その候補は表示されなくなります。

下の画像では、一番下に表示されていた予測候補を削除した後の画面です。

マウス操作で削除する

マウス操作で特定の予測候補を削除するには、以下の方法で試験機能を有効化する必要があります。

まず、Chromeを開き、オムニボックス(アドレスバー)に「chrome://flags」と入力し、エンターキーを押します。

以下の画像のように試験機能に関する設定画面が表示されるので、上部にある検索ボックスに「Omnibox Suggestion」と入力し、エンターキーを押します。

すると、設定項目が絞り込まれるので、「Omnibox Suggestion Transparency Options」の右側に表示されている「Default」をクリックして、選択肢から「Enabled」を選択し、設定を反映するために、右下の「Relaunch」をクリックしてChromeを再起動します。

以上で、マウス操作で特定の予測候補を削除できるようになったので、オムニボックスに該当する検索キーワードを入力して、予測候補を表示させます。

次に、削除したい項目を右クリックし、メニューから「候補を削除」をクリックします。

確認画面が表示されるので「削除」をクリックします。

以上で、その候補は表示されなくなります。

あとがき

閲覧履歴や検索履歴は、個人の趣味・嗜好が現れるところでもあるので、他人に見られると都合の悪い候補は、こまめに削除しておきましょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る