Windowsで最初に設定すべき初期設定項目9選

Windowsで最初に設定すべき初期設定項目9選

Windows 10や11を搭載したPCを購入したり、パソコンにWindows 10や11をインストールして使い始めるとき、デフォルト設定のままで利用している方も多いと思いますが、長く快適に利用するために最初に設定しておくべき初期設定項目がいくつかあります。

そこでここでは、Windowsを長く快適に利用するために、最初に設定しておくべき初期設定項目について解説します。

Microsoftアカウントの利用

Windowsでは、サインインに利用するアカウントとして、これまでのWindowsと同じようにローカルアカウントを利用するか、Microsoft アカウントを利用するかを選択できますが、Windowsの各種機能やアプリの利便性を享受するには、Microsoftアカウントの利用をおすすめします。

なお、ユーザーアカウントのセキュリティを強化する設定として、ローカルアカウントを利用するなら「セキュリティの質問」を設定し、Microsoftアカウント利用するなら、2段階認証を設定し、Windowsへのサインインには、パスワードではなくPINなどのパスワード以外の認証を設定しておきましょう。

パスワードより簡単かつ安全にWindowsにサインインする方法
ここでは、パスワード入力よりもスピーディーかつ安全にWindowsにサインインする方法として、Windows Hello認証(暗証番号や生体情報)や画像を使った方法を紹介します。

Windowsを最新に更新

セキュリティ対策で重要なことの一つとして「ソフトウェアは常に最新の状態で利用する」があります。

Windowsもソフトウェアの一つなので、利用を開始するときは必ずWindows Updateを実行して最新の状態に更新しておきましょう。

また、WindowsUpdate時の再起動などの動作を制御するために、アクティブ時間の設定など、WindowsUpdateの設定も行っておきましょう。

Windows 10のWindows Update設定をカスタマイズする方法
ここではWindows 10を例に、Windows Updateの各設定項目をどのように設定すべきかを解説します。

コンピューター名の変更

Windowsでは、コンピューターそれぞれに名前が付いており、デフォルトでは自動生成された名前が付いています。

普段はあまり気にすることはないコンピューター名ですが、複数のWindowsマシンを利用したり、共有フォルダーなどを利用しているような場合は、コンピューター名を分かりやすい名前に設定しておくことで、識別しやすくなります。

Windows 10でコンピューター名を変更する(確認する)方法
ここでは、Windows 10で設定画面やWindowsコマンド、PowerShellを使って、コンピューター名(ホスト名、PC名)を変更する方法を紹介します。

回復ドライブの作成

Windowsには、パソコンに問題が起こってWindowsが起動できなくなったときに役立つ機能として「回復ドライブ」があります。

「回復ドライブ」を使えば、Windows起動しなくなったときに、トラブルシューティングや初期化するときに役立ちますが、あらかじめ作成しておく必要があります。

https://4thsight.xyz/24648

高速スタートアップの無効化

Windowsでは、OSの起動を速くするために、シャットダウン時にメモリやCPU、一時データの状態をハードディスクに保存しておくことで、次回のOS起動を高速化する「高速スタートアップ」機能あり、デフォルトで有効になっています。

ですが、高速スタートアップ機能は予期せぬトラブルを引き起こすことがあるため、安定した動作を望むなら無効化しておくのがおすすめです。

Windows 10や11を完全シャットダウンする方法は?通常シャットダウンとの違いは?
ここでは、完全シャットダウンが通常のシャットダウンとどう違のかや、Windows 10や11を完全シャットダウンする方法を3つ紹介します。

ストレージセンサーの有効化

Windowsには、不要なシステムデータなどを自動的に削除してくれる機能として「ストレージセンサー」が搭載されています。

ストレージセンサーはデフォルトでは無効化されていますが、有効化しておくことで不要なデータを自動的に削除してくれるので、有効化しておくのがおすすめです。

Windows 10で不要なシステム関連ファイルを安全に削除する方法
ここでは、Windows 10で「ストレージセンサー」または「ディスククリーンアップ」を使って、不要なファイルを安全に削除する方法を紹介します。

OneDriveへのバックアップを停止

OneDriveは、Microsoftが提供するクラウドストレージサービスで、Windows 10の初期設定時に重要な個人用フォルダー(デスクトップやドキュメント、ピクチャー)をOneDriveにバックアップするよう促され、知らないうちにそれらのフォルダーがOneDriveにバックアップされているケースがあります。

意図せずOneDriveへのバックアップが有効になっている場合は、早めに停止させておきましょう。

OneDrive で同期をキャンセルするか、または停止する方法 - Microsoft サポート

Microsoft IMEを以前のバージョンに変更

Windowsの日本語入力システムである「Microsoft IME」には、以前のバージョンと新しいバージョンの2つがあり、デフォルトでは新しいバージョンが有効化されていますが、新しいバージョンのMicrosoft IMEはアプリとの相性に問題が起こることがあり、入力できなくなるなどのトラブルが発生することがあります。

そのため、安定した動作を求めるなら以前のバージョンのMicrosoft IMEに変更しておくのがおすすめです。

Windows 10や11でMicrosoft IMEを以前のバージョンに戻す方法
ここでは、特定アプリで文字入力ができなくなるなどのトラブルが絶えないMicrosoft IMEを以前のバージョンに戻す方法を紹介します。

セキュリティ設定の確認

Windowsのセキュリティ対策に標準搭載のMicrosoft Defenderを利用する場合は「Windowsセキュリティ」画面を確認し、各種機能に緑のチェックマークが付いていることを確認しておきましょう。

Windowsで最初に設定すべき初期設定項目9選

また、セキュリティを強化する場合は「ウイルスと脅威の防止」の設定で「クラウド提供の保護」や、「ランサムウェアの防止」の「コントロールされたフォルダーアクセス」をオンに設定しておきましょう。

Windowsで最初に設定すべき初期設定項目9選

Windowsで最初に設定すべき初期設定項目9選

あとがき

ここで紹介した項目を最初に設定しておけば、Windowsをより快適かつよりセキュアに利用できるでしょう。