Windows10の利用を開始するときにまずやっておきたい初期設定

Windows10の利用を開始するときにまずやっておきたい初期設定

Windows10を搭載したPCを購入したり、PCにWindows10をインストールして使い始めるとき、デフォルト設定のままで利用している方も多いと思いますが、最低限行っておくべき設定項目がいくつかあります。

そこで、ここではWindows10を使い始めるときに、最低限行っておくべき初期設定項目について解説します。

これらの設定を行っておくことで、Windows10の利便性をアップできたり、セキュリティを強化することができます。

Microsoftアカウントを利用する

Windows10では、サインインに利用するアカウントとして、これまでのWindowsと同じようにローカルアカウントを利用するか、Microsoft アカウントを利用するかを選択できますが、Windows10の各種機能やアプリの利便性を享受するには、Microsoftアカウントの利用をおすすめします。

なお、ユーザーアカウントのセキュリティを強化する設定として、ローカルアカウントを利用するなら「セキュリティの質問」を設定し、Microsoftアカウント利用するなら、2段階認証を設定し、Windows10へのサインインには、パスワードではなくPINなどのパスワード以外の認証を設定しておきましょう。

プライバシー設定を行う

Windows10では製品の品質向上などの目的で、さまざまな情報がMicrosoftへ送信されていますが、どのような情報の送信を許可するかはユーザー側でもある程度設定することができます。

プライバシーを重視したいなら、プライバシー設定を見直しておきましょう。

Windows10でプライバシーを強化するための設定方法
Windows10やWindows10上で動作しているアプリは、ユーザーに最適な情報や機能を提供するために、ユーザーの情報にアクセスした...

コンピューター名を変更する

Windowsでは、コンピューターそれぞれに名前が付いており、デフォルトでは自動生成された名前が付いています。

普段はあまり気にすることはないコンピューター名ですが、複数のWindowsマシンを利用したり、共有フォルダーなどを利用しているような場合は、コンピューター名を分かりやすい名前に設定しておくことで、識別しやすくなります。

Windows10でコンピューター名を変更する方法
Windows環境では、マシンごとに「コンピューター名」が設定されています。自宅PCではあまり意識することはありませんが、複数のWind...

Windows10を最新に更新する

セキュリティ対策で重要なことの一つとして「ソフトウェアは常に最新の状態で利用する」があります。

Windows10もソフトウェアの一つなので、利用を開始するときは必ずWindows Updateを実行して最新の状態に更新しておきましょう。

また、WindowsUpdate時の再起動などの動作を制御するために、アクティブ時間の設定など、WindowsUpdateの設定も行っておきましょう。

Windows10の「Windows Update」設定を理解する
Windows10の「Windows Update」設定は、バージョン2004になってかなり分かりやすくなりましたが、それでも各項目をど...

回復ドライブを作成する

パソコンに問題が起こり、Windowsが起動できなくなったりしたときに、Windows10のトラブルシューティングを行ったり、初期化する方法のひとつとして「回復ドライブ」があります。

「回復ドライブ」は自分で作成しておく必要があるため、Windows10を使い始めるときは、なるべく早めに「回復ドライブ」を作成しておきましょう。

Windows10で「回復ドライブ」を作成する方法
現在のWindows10には、万が一OSの動作に異常が発生した場合に、トラブルシューティングを行ったり、OSを初期化するための方法が複数...

高速スタートアップを無効化する

Windows10では、OSの起動を速くするために、シャットダウン時にメモリやCPU、一時データの状態をハードディスクに保存しておくことで、OSの起動を高速化する「高速スタートアップ」機能あり、デフォルトで有効になっています。

ですが、高速スタートアップ機能がWindows10の動作に問題を起こすことがあるため、安定した動作を望むなら無効化しておくことをおススメします。

Windows10の動作が不安定なときは、まずは再起動/完全シャットダウンが効果的
Windows10のシャットダウン方法には、デフォルトのシャットダウン方法である「通常シャットダウン」と、「完全シャットダウン」の2種類...

ストレージセンサーを有効化する

Windows10には、不要なデータを自動的に削除してくれる機能として「ストレージセンサー」が搭載されています。

ストレージセンサーは、デフォルトでは無効化されていますが、有効化しておくことで不要なデータが溜まるのを軽減できるので、設定しておくことをおススメします。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ストレージセンサー)
Windowsマシンを長く使っていると、だんだんと不要なデータが蓄積して空き容量が少なくなってきます。 そこで、定期的に不要なデータを...

OneDriveへのバックアップを停止する

OneDriveは、Microsoftが提供するクラウドストレージサービスで、Windows10の初期設定時に重要なフォルダー(デスクトップやドキュメント、ピクチャー)のバックアップ先としてOneDriveの設定を促され、よく確認せずに「次へ」をクリックすると、知らないうちにOneDriveにバックアップされているケースがあります。

意図せずOneDriveへのバックアップが有効になっている場合は、早めに停止させておきましょう。

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法
Windows10では、初期設定時に上のような画面が表示され、デスクトップやドキュメント、ピクチャといった重要なフォルダーのOneDri...

エクスプローラーの設定を変更する

Windows環境では、ファイルやフォルダーを操作するツールとして「エクスプローラー」が搭載されていますが、ファイルの拡張子の表示をはじめとして、あらかじめ設定を調整しておくことで、使いやすくできます。

Windows10のエクスプローラーを使いやすくカスタマイズする
Windows環境でファイル操作を行うときの定番ツールと言えば「エクスプローラー」ですが、エクスプローラーのデフォルト設定は必ずしも使い...

Microsoft IMEの設定を調整する

Windows10の日本語入力システムである「Microsoft IME」には、デフォルト設定から調整することで、変換効率などを上げることができます。

Windows10の日本語入力機能(Microsoft IME)を使いやすく設定する
Windows10に標準搭載されている日本語入力機能「Microsoft IME」は、デフォルトの設定のままだと、少々使いづらい部分があ...

セキュリティ設定を確認する

Windows10のセキュリティ対策に「Windows Defender」を利用する場合は「Windowsセキュリティ」画面を確認し、各種機能に緑のチェックマークが付いていることを確認しておきましょう。

Windows10の利用を開始するときにまずやっておきたい初期設定

また、セキュリティを強化する場合は「ウイルスと脅威の防止」の設定で「クラウド提供の保護」や、「ランサムウェアの防止」の「コントロールされたフォルダーアクセス」をオンに設定しておきましょう。

Windows10の利用を開始するときにまずやっておきたい初期設定

Windows10の利用を開始するときにまずやっておきたい初期設定

あとがき

まずは、ここまでをしっかりと設定してからWindows10の利用を開始することで、Windows10をより快適に利用できるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ