Windows10のデスクトップに「PC」「ネットワーク」「コントロールパネル」アイコンを表示させる方法

Windows10マシンを快適に操作しようとした場合、どのような操作が快適と感じるかは人それぞれです。

例えば、アプリを起動するときだと、タスクバーにピン留めしたショートカットから起動したい人もいれば、デスクトップのショートカットから起動したい人もいるでしょう。

そこで、ここではデスクトップのショートカットからさまざまな操作を行う派のあなたのために、デスクトップに「PC」「ネットワーク」「コントロールパネル」アイコンを表示させる方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

デスクトップにシステムアイコンを表示する

Windows10のデスクトップには、デフォルトで「ごみ箱」と「Microsoft Edge」のショートカットが表示されているだけです。

ですが、デスクトップに置いたアイコンからさまざまな操作を行いたい場合は、アプリのショートカットだけでなく、システム系のアイコン(「PC」「ネットワーク」「コントロールパネル」)も表示させておくと便利です。

システム系のアイコンを表示させるには、まずデスクトップの何もないところを右リックして、メニューから「個人用設定」をクリックします。

「個人用設定」画面が開くので、左側のメニューから「テーマ」をクリックします。

「テーマ」画面を開いたら、画面を下にスクロールして「関連設定」にある「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。

「デスクトップアイコンの設定」画面が開くので、デスクトップに表示したい項目にチェックを入れ「OK」をクリックします。

以上で、デスクトップに選択したアイコンが表示されます。

システムアイコンの利用例を挙げると、「PC」アイコンからは、通常はエクスプローラーが起動しますが、右クリックメニューから「プロパティ」を選択すると、直接「システム」画面を開くことができます。

「ネットワーク」アイコンでは、右クリックメニューの「プロパティ」から直接「ネットワークと共有センター」画面を開くことができます。

あとがき

操作の起点をデスクトップのアイコンにしたい場合は、これらのシステム系アイコンを表示させておけば便利ですよ。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る