証明写真を安く手軽にキレイに自分で作成する方法

アルバイトの履歴書や資格取得で必要となる証明写真を用意する場合、多くの方は証明写真機を利用すると思いますが、証明写真機って設置場所が限られていますし、写真機によっては、値段の割に満足のいく写真が撮れないこともあります。

そんなときは、自分で撮影した写真を証明写真にしましょう。

ここでは、Androidスマホで写真データから証明写真を作成する方法をを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Google Nexus 5X(Android) 8.1.0
証明写真アプリ 1.1.21

証明写真作成の流れ

証明写真作成の流れは、次のとおりです。

  1. カメラアプリで撮影or撮影済み画像の選択
  2. 撮影データから証明写真データを作成
  3. プリントアウト

写真の撮影or選択

まずは、証明写真用データを作成する専用アプリ「証明写真アプリ」をインストールします。

証明写真アプリ - Google Play のアプリ

アプリを起動したら、まずは写真を撮るか撮影済みの写真を利用するかを選択します。

撮影データから証明写真データを作成

使用する写真を選択したら、次に証明写真のサイズを指定して「このサイズを選択」をタップします。

ちなみに、自分で縦横サイズを指定することもできます。

すると、調整画面が表示されるので、証明写真のサイズに収まるよう位置調整・傾き調整・拡大/縮小を行い、調整が済んだら画面右上の「調整終了」をタップします。

調整が済むと実寸表示されるので、明るさやコントラストの調整、肌補正を行い、調整が済んだら画面上部の「はい」をタップします。

次にプリントアウトする用紙のサイズと、用紙内に何枚プリントするかを指定し、画面上部の「プリント写真を作る」をタップします。

用紙サイズは、デフォルトで指定されているL版が汎用性が一番高くおススメです。

最後に完成イメージが表示されるので、問題なければ画面右上の「保存する」をタップします。

以上で、証明写真データの作成は完了です。

作成されたデータは、内部ストレージの「Pictures/ID Photo」内にJPEG形式ファイルで保存されます。

プリントアウト

アプリでも案内されているように出来上がったデータは、いろんな方法でプリントアウトできます。

なお、アプリでも表示されますが、プリントアウト時は「フチなし」で印刷します。

また、利用するプリンターにより、プリントアウトされた写真のサイズが微妙に異なる場合があります。

コンビニプリントのすすめ

ここで紹介している方法でL版のサイズで証明写真データを作成しておけば、マルチコピー機が設置されているコンビニであれば、30円ほどでプリントアウトできます。

また、コンビニのマルチコピー機は、一般的な家庭用のインクジェットプリンターに比べ、画質が良いので、安くきれいに印刷したいなら、コンビニプリントがおススメです。

あとがき

コンビニプリントの方法は、証明写真データが入ったスマホから直接コンビニのマルチコピー機にデータを送信(Wi-Fi、赤外線通信など)して印刷したり、あらかじめPCやスマホからプリント予約する方法があります。

PCからのプリント予約については、以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

印刷したいのにプリンターがないっ!そんな時はコンビニプリントです。
最近では、さまざまな情報のやり取りを電子データで行う機会が増えてきて、自宅にプリンターを持っていないという方もいらっしゃるのではないでし...

証明写真データが入ったスマホから直接コンビニのマルチコピー機にデータを送信する方法など、詳しい利用方法は、利用予定のコンビニのWebサイトで確認しましょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る