CentOS7:PHP7.1.2を7.2.3へアップデートする手順

WordPress環境(Nginx+php-fpm+MariaDB)のPHPを7.1.2から7.2.3へアップデートしたときの手順となります。

手順

リポジトリの更新確認

リポジトリの更新がないか確認します。

yum -y update http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
yum -y update epel-release

サービス停止

Nginxとphp-fpmサービスを停止しておきます。

systemctl stop nginx
systemctl stop php-fpm

アップデート

PHPと関連ライブラリをアップデートします。

yum update --enablerepo=epel,remi-php72 php php-gd php-mbstring php-pear php-fpm php-mcrypt php-mysql php-pecl-zip php-opcache php-pecl-apcu

設定ファイルの統合

既存の設定ファイル「php.ini」と新しい設定ファイル「php.ini.rpmnew」を統合します。

CentOS7:パッケージアップデートでrpmnew、rpmsaveファイルができたときは
CentOS7でパッケージをアップデートしたときに「.conf.rpmnew」ファイルや「.conf.rpmsave」ファイルが作成され...

サービスの開始

Nginxとphp-fpmサービスを開始します。

systemctl start nginx
systemctl start php-fpm

更新結果確認

Nginxのドキュメントルートに「phpinfo.php」ファイルを作成し、ブラウザで表示させることでPHPと関連ライブラリのバージョンを確認します。

vi phpinfo.php

<?php
phpinfo();
?>

https://<ドメイン名>/phpinfo.php

Memo

バージョンの確認が済んだら、phpinfo.phpは削除します。

以上でアップデート完了です。

まとめ

設定ファイルが更新されていたため、統合作業で少し手間取りましたが問題なくアップデートできました。

スポンサーリンク