Google検索で気に入った色を探す「カラーピッカー」

「あらゆるものを検索可能にする」ことを目指すGoogleにより提供されているGoogle検索には、キーワード検索以外にも様々な機能が提供されています。

そのなかから、ここでは「カラーピッカー」機能を紹介します。

「カラーピッカー」とは、画像編集ソフトなどによく搭載されている機能(カラーパレットと呼ばれる場合もあります)で、マウスなどで気に入った色を直感的に選択できる機能のことです。

気に入った色を探したい、色コードから色を確認したいときなどに役立ちます。

Google検索で色を探す

Google検索で色を探したり、色コードから色を確認するには、まず、Webブラウザで「google.com」にアクセスし「カラーピッカー」というキーワードを入力して検索します。

すると、検索結果画面に以下のようなカラーピッカーツールが表示されます。

「カラーピッカー」で検索した画面

キーワードとして、色コードを入力して検索すれば、その色が選択された状態でカラーピッカーツールが表示され、色を目視で確認できます。

色コードで検索した画面

カラーピッカーツールでは、上のパレットで色を選択すると、選択した色のコードがさまざまな形式(16進数、RGB、HSV、HSL、CMYK)で表示されます。

※下の画像はアニメーションGIFなので、クリックして動きを確認できます。

逆にカラーピッカーツールの下部に色コードを入力すると、そのコードに対応した色がパレットに表示されます。

※下の画像はアニメーションGIFなので、クリックして動きを確認できます。

気に入った色を探したい、色コードから色を確認したいといったときに、手軽に利用できますね。

あとがき

ちなみに、Google検索の「カラーピッカー」ツールは、スマートフォンからでも利用可能です。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る