WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

Memo

「Google翻訳-ウェブサイト翻訳ツール」の提供は、2019年に終了しています。

WordPressで作成しているWebサイトを日本語以外でも閲覧できるようにしたい場合、手っ取り早い方法のひとつとして、翻訳ツールをサイト上に設置する方法があります。

そこでここでは、Webサイトに「Google翻訳-ウェブサイト翻訳ツール」を設置する方法を紹介します。

「Google翻訳-ウェブサイト翻訳ツール」を設置する

大まかな流れは、「Google翻訳-ウェブサイト翻訳ツール(無料)」でコードを生成し、コードをWordPressサイトの表示させたい場所に貼り付けます。

まずは、Google翻訳 - ウェブサイト翻訳ツール へアクセスし、「今すぐウェブサイトに追加」をクリックします。

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

次の画面で、⾃サイトのアドレスと、⾔語(⽇本語)を設定し「次へ」をクリックします。

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

次の画面では、翻訳する言語を「すべての言語」か「言語を指定」から選択します。

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

「言語を指定」を選択した場合は、言語の一覧から翻訳したい言語を選択します。

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

次の画面では、翻訳ツールの表⽰モードを「インライン」「タブ」「自動」から選択します。

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

インライン縦

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

インライン横

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

インライン-プルダウンのみ

「詳細設定」は、デフォルト設定のままで問題ありませんが、Googleアナリティクスを利用している場合は「Googleアナリティクスを使用して翻訳トラフィックを追跡する」のチェックを入れることで、翻訳トラフィックを確認できるようです。

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

ここまでの設定が完了したら「コードを取得」をクリックすることで、⽣成されたコードが表示されるので、コピーしておきます。

WordPressでWebサイトを手っ取り早く多言語化する方法

あとは、WordPressで翻訳ツールを表示させたい場所に、コピーしたコードを張り付ければ完了です。

あとがき

翻訳精度はおいておくとして、日本語以外が母国語の方々にも少しは見ていただけるようになればいいかなぁ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ