PDFファイルの簡易編集なら無料のLibreOfficeでもできますよ。

オープンソースの統合オフィスソフトとして有名な「LibreOffice」は、個人で利用するオフィスソフトウェアとして基本的な機能を十分に備えています。

私も自宅ではもっぱらLibreOfficeを利用していますが、LibreOfficeには「PDFファイルを編集する機能」があることをご存知でしょうか。

PDFファイルを編集する場合「Adobe Acrobat DC」を利用するのが一般的ですが、有償ソフトのため、たまに編集するだけのために購入するのはもったいないですよね。

そんなとき「LibreOffice」を利用すれば、無料でPDFの簡単な編集ができて便利です。

そこで、ここでは「LibreOffice」でPDFファイルを編集する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
LibreOffice 6.3.1.2

LibreOfficeとは

「LibreOffice」は、Microsoft Office互換のソフトウェアとしてオープンソースで開発されている統合オフィスソフトウェアで、Windows・Mac・Linux向けに提供されており、無料で利用できます。

ホーム | LibreOffice - オフィススイートのルネサンス

LibreOfficeの概要については、以下の記事で紹介しているので、使ったことがない方はご覧ください。

LibreOfficeはMicrosoft Officeの代わりとして使えるか?
仕事場での文書作成や表計算のためのツールといえば「Microsoft Office」が定番ですが、個人で統合オフィスソフトウェアを利用す...

PDFファイルを編集するには

「LibreOffice」には、以下のツールが含まれており、PDFファイルは「Draw」から開きます。

  • Writer - 文書作成
  • Calc - 表計算
  • Impress - プレゼンテーション
  • Draw - 図形描画
  • Math - 数式
  • Base - データベース

「Draw」を起動して「ファイル」メニューの「開く」でPDFファイルを指定して開きます。

PDFファイルを開くと、いったんLibreOffice Draw形式に変換されてからファイルが開くため、開くまでに若干時間がかかります。

PDFファイルを開いた後は、テキストを編集したり、新たにテキストや図形を追加するといったことが可能です。

なお、Drawで開く際に変換しているため、一部の情報が失われることがあります。

たとえば、以下のようなテキストだけのPDFファイルを用意してDrawで開くと、フォントなどの情報が失われており「MS 明朝」として表示されています。

元のPDFファイルをChromeで表示した場合

LibreOffice DrawでPDFファイルを開いた場合

いくつかのPDFファイルを開いて試したところでは、簡単なPDFファイルの編集なら活用できそうですが、フォントをはじめとして元のPDFの状態を維持しつつ編集するのは厳しいかもしれません。

また、テキストは1行ずつテキストボックスに変換されるため、テキストボックスごとに編集しなければならないのが難点です。

あとがき

専用のPDF編集ソフトに比べると、物足りなさを感じますが、有償ツールを使うまでもないような場合は、試してみても良いかもしれません。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る