Windows10PCとAndroidデバイスの連携が便利な「Microsoft Launcher」

PCとスマホの組み合わせで仕事をしている方も多いと思います。

そんな方の中で、Windows10とAndroidスマホを利用しているなら、MicrosoftがAndroid向けに提供しているホーム画面アプリ「Microsoft Launcher」を試してみてください。

「Microsoft Launcher」は、Windows10との連携に優れたアプリで、PCとスマホで同じMicrosoftアカウントでサインインしておけば、Windows10の「タイムライン」や付箋アプリ「Microsoft Sticky Notes」と同期することができます。

さらに、Windows10で作成したOfficeドキュメントをスマホで編集するといったワザも使えます。

そこで、ここでは「Microsoft Launcher」の概要と使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Android 8.1.0
Microsoft Launcher 5.8

「Microsoft Launcher」とは

Microsoft Launcher - Google Play のアプリ

「Microsoft Launcher」は、MicrosoftがAndroid向けに提供しているホーム画面アプリで、Google Playから無償でダウンロードできます。

「Microsoft Launcher」では、Bingで提供されている美しい壁紙、テーマの色、アイコンパックなどを使用して、デバイスを自分好みにカスタマイズでき、ホーム画面アプリとしても便利ですが、オススメしたいポイントは「Windows10との連携」です。

Windows10と同じMicrosoftアカウントでサインインしておけば、Windows10の「タイムライン」や付箋アプリ「Microsoft Sticky Notes」と同期することが可能で、Windows10で作成したOfficeドキュメントをスマホで編集するといったこともできます。

Windows10とAndroidスマホをメインで利用してるなら、使わない手はないアプリです。

「Microsoft Launcher」の使用感

ホーム画面

デフォルトのホーム画面は以下のような感じで、壁紙には「Bing」で提供されている美しい壁紙を設定することができます。

また、壁紙としてBing壁紙を利用している場合、ホーム画面上にある「壁紙」アイコンをタップすれば、壁紙を違う画像に変えることができます。

カスタマイズ性

Microsoft Launcherの設定項目は多岐に渡り、アイコンやフォントのサイズ調整やジェスチャー設定をはじめとした、さまざまなカスタマイズが可能です。

 

フィード

ホーム画面を左にスワイプすると、以下のようなフィード画面が表示され、カレンダー・タスク・付箋などを確認したり、ニュースを閲覧したり、タイムラインの表示ができます。

 

PCで作成したOfficeドキュメントをOneDriveに保存しておけば、タイムラインに表示されている履歴をタップすることで、スマホで編集の続きを行うといった使い方もできます。

Memo

スマホでOfficeドキュメントを編集するには、スマホ用の編集アプリ(Word、Excel、PowerPoint)を事前にインストールしておく必要があります。

なお、フィードに表示する項目は、以下のようにカスタマイズが可能です。

 

あとがき

「Microsoft Launcher」が公開された当初は、できることも少なく使い勝手もイマイチで物足りないと思っていましたが、バージョンを経て現在のバージョンでアでは、かなり便利に利用できることが確認できました。

また、次期バージョンでは、さらなる機能の拡張も予定されているようなので、今後も目が離せないアプリではないでしょうか。

トップへ戻る