Windows10のクリップボードはこんなに便利になっている

Windows10では、半年ごとの機能アップデートのたびに新たな機能も追加されてきましたが、機能アップデートで追加された機能は、意外と知られていないことが多いです。

そんな機能の一つと言えるのが、バージョン1809で実装された「クリップボードの履歴と同期機能」です。

WindowsOSには古くから「クリップボード」と呼ばれる機能があり、コピー・貼り付け・切り取りなどでデータ一時的に保管することができますが、クリップボードに保持されるデータは一つだけのため、クリップボードの履歴を複数保持するためには、クリップボードの機能を拡張するサードパーティーのツールが必要でした。

ところが、Windows10バージョン1809でついに「クリップボードの履歴と同期」機能が実装され、標準機能でクリップボードの履歴を活用できるようになりました。

ここでは「クリップボードの履歴と同期」機能の使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1903

クリップボードの履歴

「クリップボードの履歴」を有効化するには「設定」アプリから「システム」>「クリップボード」を順に開き「クリップボードの履歴」を「オン」に切り替えます。

「クリップボードの履歴」を有効化したら、「Windows」キー+「V」キー押すと、クリップボードの履歴ウィンドウが表示され、履歴から利用したいデータを選択できるようになります。

なお、クリップボードの履歴に保存できるデータは、テキストデータと画像データのみで、履歴に保存できるデータの総容量や個数にも制限がありそうです。

また、履歴に保存されているデータは、右上の「…」をクリックすると表示されるメニューから、ピン留めして自動的にクリアされないようにしたり、個別に削除することができます。

クリップボード履歴の共有

「他デバイスとの同期」をオンにすると、同じMicrosoftアカウントでサインインしている他のWindows10マシンとクリップボード履歴を共有できるようになります。(ただし、同期できるのはテキストデータのみで、容量にも制限があるようです。)

「他デバイスとの同期」を有効化するには「設定」アプリから「システム」>「クリップボード」を順に開き「他デバイスとの同期」を「オン」に切り替えます。

また、同期方法を選択でき、コピーしたテキストを自動的に同期する(自動同期)か、クリップボードの履歴ウィンドウを開いて、選択したデータのみを同期させる(手動同期)かを選択できます。

なお、設定画面にリンクが表示されていますが、将来的にAndroid端末ともクリップボードを共有できるようになるようです。(現在はまだ試験中のようです)

あとがき

Windows10では、機能アップデートのたびに新しい機能が登場しています。

直近の「May 2019 Update(バージョン1903)」でも、新しい機能がいくつか登場しています。ぜひチェックしてみてください。

「Windows10 May 2019 Update」のおもな変更点や新機能
Microsoftは、2019年5月21日(現地時間)に機能アップデート「Windows10 May 2019 Update(バージョン...
おすすめコンテンツ:
トップへ戻る