Google Chromeを利用しているなら覚えておきたいタブの操作方法

Google Chromeなどのブラウザで調べ物などをしていると、たくさんのタブを開くこともあるのではないでしょうか。

そんなとき、タブを移動する、複製する、閉じるなど、タブを効率よく操作する方法知っていればとても便利ですよ。

そこで、ここではGoogle Chromeでタブを効率よく操作する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Google Chrome 76.0.3809.100

タブを複数選択する

この記事で紹介している、タブを移動する、複製する、閉じるなどの操作では、タブを複数選択して操作することができます。

そこで、まずタブを複数選択する方法を覚えましょう。

タブを複数選択する方法には2種類あり「Ctrl」キーを使った選択方法と「Shift」キーを使った選択方法があります。

Windowsエクスプローラーでフォルダーやファイルを選択するときと同じ操作です。

「Ctrl」キーを使った選択方法

「Ctrl」キーを押しながらタブを選択すると、複数のタブを選択状態にできます。

「Shift」キーを使った選択方法

タブを範囲選択するには、まず始点となるタブを選択して、「Shift」キーを押しながら終点のタブを選択します。

すると、始点と終点の間のタブをすべて選択できます。

タブを閉じる

たくさんのページを開いた後、必要なタブだけ残して他のタブを閉じたいときは、次のような方法があります。

特定のタブを残して、他のタブをすべて閉じる

特定のタブを残して、他のタブをすべて閉じたいときは、残すタブの見出しを右クリックして表示されるメニューから「他のタブをすべて閉じる」をクリックします。

すると右クリックしたタブ以外は、全て閉じることができます。

あるタブから右側のタブをすべて閉じる

特定のタブから右側にあるタブをすべて閉じるときは、残すタブの見出しを右クリックして表示されるメニューから「右側のタブを閉じる」をクリックします。

すると、右クリックしたタブとそれより左側のタブは残りつつ、右側のタブをすべて閉じることができます。

ショートカットキーでタブを閉じる

表示中のタブや選択したタブを素早く閉じるには、次のいずれかのショートカットキーが便利です。

  • 「Ctrl」キー+「W」キー
  • 「Ctrl」キー+「F4」キー

マウスのホイールボタンで閉じる

ホイール付きマウスを使っているなら、タブの見出しにマウスカーソルを乗せた状態でホイールボタンをクリックすることでタブを閉じれる場合があります。

なお、ホイール付きマウスは、デバイスドライバやユーティリティーによって、各ボタンの機能を自由に変更できます。ホイールボタンに何らかの機能を明示的に割り当てている場合は、タブを閉じる機能が働かないことがあります。

タブを別ウィンドウに移動する

選択したタブをウィンドウ外へドラッグ&ドロップすると、新しいウィンドウにタブを移動させることができます。

タブを複製する

開いているページと同じページを別のタブで開きたいときは、タブの複製が便利です。

タブを複製するには、複製したいタブを右クリックして、表示されるメニューから「タブを複製」をクリックするか、「Alt」キー+「D」キーを押し、「Alt」キーのみ押したまま「Enter」キーを押します。

タブを復元する

誤って閉じてしまったタブを復元したい場合は、タブの周辺を右クリックして表示されるメニューから「閉じたタブを開く」から復元することができます。

ショートカットキーなら「Ctrl」+「Shift」+「T」を押します。

タブを固定する

Chromeには「タブを固定」する機能があり、固定したタブのWebページは、起動時に自動的に表示させることができます。よく利用するWebページを固定しておけば便利です。

タブを固定するには、固定したいWebページを開き、そのページのタブを右クリックして、メニューから「タブを固定」をクリックします。

すると、タブが固定され、ウィンドウ左上に小さくなって常時表示されるようになります。

後は、新しいタブを開いて同じ手順を実行すれば、複数のWebページを固定できます。

固定したタブは、Chromeを再起動しても消えることはありません。

あとがき

ブラウザで調べ物などをしていると、ついついタブをたくさん開いてしまいがちですが、ここで紹介したタブの操作方法を知っていれば、効率よくタブを操作することができますよ。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る